キツネノマゴ(狐の孫)   キツネノマゴ科 学名:Justicia procumbens L.
2007.10.6    岐阜県羽島市
夏から秋にかけて、穂原や道ばたでよく見かけます。
不思議な名前を貰っているなぁ、と予てから思っていました。
掲載にあたり調べてみると、
毛の密生する花穂の様子を、狐の尻尾に見立てた
花穂から種子が飛び出すのを狐のお産に見立てた
などの説があるようです。
高さ10〜40cmの1年草。

花の写真館へ