オオオナモミ(大雄生揉)   キク科  学名:Xanthium occidentale Bertoloni
2006.10.1    岐阜県羽島市
実の先端に曲がった鉤状の棘があり、動物や人の衣服などに引っ付いて散布されます。
子どもの頃、外で遊んで帰って来ると、いつの間にか何処かでくっつけていました。
枯れても立ったままの状態で、春まで何かに運ばれるのを待っています。
メキシコ原産の帰化植物で、高さ50〜200cmの1年草。


花の写真館へ