トウカイコモウセンゴケ(東海小毛氈苔)   モウセンゴケ科  学名:Drosera tokaiensis (Komiya et C.Shibata)T.Nakam. et K.Ueda
2006.9.16    愛知県豊橋市 葦毛湿原
葉の長さは2〜4cmで地面に伏せるように生え、花径1cm位のピンクの花を付けます。
 食虫植物で、葉に腺毛があり、その先から粘液を出して虫を捕まえます。
モウセンゴケとコモウセンゴケの交雑起源種です。
日当たりのよい湿地に生える、高さ10〜15cmの多年草。

花の写真館へ